ブログ復活>w<

皆さんお久しぶりです。
放置していて申し訳ありませんでした><;

いや、タダ単に時間が取れなかっただけですw
アスレチックス内での議論などの書き込みで手一杯だっただけです^^;

という訳で、落ち着いたのでこちらもボチボチやりますよ!


此処の日本シリーズは最近セレクト勢が頑張っているのでこのまま行きたいですね☆
できるならばアスレチックスがやんきーズ並みに無双できれば良いなw(

あ、コレは日本シリーズ的な意味でですよw
シーズンは競った方が面白いですからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

どうも、ジョーズのSDですけど・・・
2012年03月26日 11:02
雪風さんこんにちわ^^
ジョーズのSDです。
今季は、あずまんがさんに入団していただきました。
現在の打順とローテーションはあずまんがさん考案のものです。
あずまんがさんと僕が意見を出し合って決めたつもりです。
また、新人の方がアドバイスを求めてこられたので簡単なアドバイスをあずまんがさんと僕とでやりました。
しかし、この3名以外契約更新はしてくれるものの基本放置状態です。一部はあずまんがさんのアドバイスを無視(掲示板を見ていないと思うので気付いてない?)しています。
あずまんがさんに愛想尽かされましたし・・・
あずまんがさん申し訳ないです。
私が、再建するとは言いましたが正直きついです。
私の知り合いも所属していますのでその方と一緒にもう少し頑張ってみたいと思います。
しかし、このままだとドラフトで取った方に申し訳なくて指名をためらってしまいます。
新規の方と(一部の常連さん)を除き、ほぼ逆指名ですしね・・・
今の選手が30後半の選手で意見をたくさん出してくれそうな常連さんを何人かピックアップはしているんですが・・・
雪風さんは良く「チームに来てください」と言われる立場だと思います。
どういう場所で勧誘を受けたのですか?掲示板とかでしょうか?
一か八か2~3人ベテランの方に来てもらいたいと思っていますのでどこで勧誘とかそういうことをやっているんですかね。(名指しで勧誘とかやってもいいでしょうか?)
~最後に本音を一言~
放置をしている方へ
放置するんならそのまま名無し化してくださいいいいいいい
確かに沢山人募集してますとは言いましたが、放置okなんて書いたつもりないんだけどなあ
せめて掲示板に目を通すぐらいしてちょっとは反応がほしい。
自分だけハッスルしてる感があってむなしいです。
それでは失礼します。
雪風
2012年03月26日 18:46
先に言っておきます。
『チームに来てください』なんて言われた事は殆ど有りませんw

アスレチックスとやんきーズに所属している人からお誘いを受けた程度ですねw(記憶の限りでは、ですが。)
その流れでアスレには在籍中ですし、やんきーズの方は枠とタイミングと先約の都合上で入団が出来ずにいます(勧誘されたのはここのブログ)。
が!
その程度ですよ!
好き好んでこんな問題児を誘う球団なんてそうないですw(うん。ない…よね?)
いろんな球団に足跡があるのは単に全球団OKでドラフトに掛かるからですね。

それはそれとして。

しかし、私に聞かれても答えられない事も多いんですよね…。
だって、同リーグ!(笑)
余り敵に塩を送っているとチームメンバーから苦情が来る恐れがありますので…w

まぁ、この辺に対する苦情は来ても握り潰しますけれどね(爽)。
細かい編成などのアドバイスならともかく、基礎的なアドバイスなら幾らでも送りますよ。
ただ、たかさん辺りの方が良いアドバイスをくれるんじゃないかなぁ?
なんて思ったりもしますが^^;


雪風
2012年03月26日 18:51
しかし、あずまんがさんが投げるって事は余り良いチーム状態ではなさそうですね^^;
キャンプのみの放置が多いと大変なのは確かなんですが、現状では戦力が足りないので高望みはしない方が良いですよ。
少しずつ計算できる人やジョーズで転生をしてくれる人を増やしていく事が大事です。
基本的にTIEのドラフト指名で取れるのは『TIE新人さん』か『助っ人さん(1選手限定所属など)』が大半です。
『助っ人さん』を上手く使いつつ、ジョーズで転生してくれる『TIE新人さん』を発掘していくしかないですね。
『申し訳ない』なんて考えずにガンガンドラフト指名はしていくべきです。
まともなプレイヤーさんが増えればチームの雰囲気も良くなりますからね。


ちなみにですが、基本的にTIEで名前が売れている人は『所属チームが決まっている』か『1選手限定所属』の人が多いです。
やんきーズ所属のプレイヤーさんが良い例ですが、基本的には声を掛けても来て貰えないですよ。
また、1選手限定の人も強制引退後はドラフト登録に回ってしまいます。
ですので勧誘は期待薄なんですよねぇ…。

雪風
2012年03月26日 18:51
実はたまに私も勧誘しています。
しかし、TIEの掲示板で募集したって無理なのは分かりきっています。
ですので、実は他サイトのチームメンバーさんに声を掛けているんですよね。
ドラフト指名漏れした人の中に他サイトでご一緒している人が居れば声を掛ける事があります。
勿論ちゃんと会話が取れていて、チームに協力してくれている人ならば、ですよ。
交渉してOKが出れば逆指名をお願いしています。
勿論チーム内で許可を取ってから動いています。

このように勧誘するならTIEに未参加の人の方がいいかもしれませんね。
そりゃぁTIEの他チームから引き抜ければ即戦力ですが…難しいので^^;
掲示板で名指しで勧誘してみても良いとは思いますが、相手が掲示板を見ていなければどうしようもないですからねぇ。
ぇえ
2012年03月27日 12:16
今でこそ、TIEに暗黒状態のチームは1つですが、ジョーズのこの状態が長期化すれば、リーグ全体の衰退化も考えられます。
外野から協力できる事であれば幾らでも協力しますので、SDさん是非頑張って下さい!

どういう場所で勧誘を?との話がありましたので少しサイトの紹介

館ペナント
俺のペナント3(リーグ)
これらのサイトさんでは、他チームの個人宛にメールを送る事ができます。
メールができると勧誘だけでなく、チームメイトへの個人的な相談もできるので何かと便利です。
SD
2012年03月27日 17:42
正直他のサイトでTIEの勧誘とかそういうことは暗黙の了解でタブーなのではないかと勝手な解釈で遠慮しておりました。ちょっと上記のサイトの管理人に相談の上やってみたいと思います。ありがとうございました。
ぇえ
2012年03月27日 20:45
あ、俺のペナント3(リーグ)の管理人さんは失踪中な感じでちゃんと管理ができている感じではありません。
(管理人の最後の書き込みはあけましておめでとうございます)

一方の、館ペナントでは
私的な利用はOKですが使い過ぎや管理者に検閲されることに注意。
との注意書きがあるので相談の必要は無いかと思います

虎鷹@たか
2012年03月31日 03:12
おっと、私の名前が出ているのに書込みが遅れて失礼しました。
以前私もアスレチックス、やんきーズで選手募集をTIEでしていた時期が有りました。現在ではそんな事、有ったっけ、てな感じで懐かしい。(^^;)
私みたいに腰を据えて気長にチーム内外で仲良しを一人でも多くしながらチーム整備をして楽しむのも一つの手じゃないでしょうか・・・(^^;)
雪風さん、定住するなら是非やんきーズへ(私との約束はまだ破棄していませんよね?まだ諦めていない往生際の悪い私、汗;)、
って、空き枠が・・・無い・・・:(;゙゚'ω゚');滝汗;;;。
話し変わって、内政干渉になるといけないしチーム方針もあると思いますので、こうした方が良いとは言えませんが、
ぇえさんがTIEで書かれているとうりTIEでは守備肩力を上げると年俸が上がりやすいし上げやすいです。
尚、TIEで入団後上げにくいのはパワーです。次は、走力、ミート。上げやすいのは守備、肩。で、ミート、走力。
入団時にミートや守備がEでもキャンプ次第ではSになりますがパワーEをSにするのは無理です。パワーCで入団してもSになりませんが走力はCでもSに持っていけます。
きょうはこの辺で退散しますー。(文章が変だったらご指摘願います)
雪風
2012年03月31日 03:28
たかさん、勿論忘れておりませんw
ですが…枠が、枠がorz

転生時期前後には必ず枠が空いていないんですよね^^;
そして空きそうも無いという(涙)

転生前後に空いていれば飛んでいけるのですが、中々難しいところです^^;


そういえば守備力の話ですけど。
私は守備と肩はBあれば十分と思っているのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?
理由としては『送球』『職人』を取得してしまえばS相当の能力になるからなんですが、
年俸UPを考慮してA~Sまで上げてしまう方が良い…と考えている人の方が多いんでしょうかねぇ?

最近ふと、気になりましたのでちょっと調査してみたいと思いますw
ぇえ
2012年03月31日 08:07
>たかさん
パワーは上げにくいなんて気づきませんでした!
次選手の参考にさせて頂きますっ!
>雪風さん
私もBで十分だと思っています。
ただ、放置引退後の3年間、守,肩で最高水準をキープしたい時はアイテムで守備上げます。
つ~

この記事へのトラックバック